カルダモンのマッサージ

カルダモンは薬や香辛料として3000年以上の歴史を持つ由緒あるアロマオイル。 レモンのような甘酸っぱさとスパイシーさの両方を含んだ個性的な香りを持つのが特徴です。 頭をスッキリと冴えさせ、消化器系によく効きます。食欲不振の解消や消化促進などにも古来から 利用されてきました。 またカルダモンの実は、もっとも古いスパイスの一つ。昔のインドからヨーロッパに輸出されていたそうで、今もサフランやバニラと並ぶ高価なスパイスとして、知られています。 インドでは料理には欠かせない存在。また、エジプトでは薫香や香料のほか、種をかんで歯を白くしていたという話もあります。中国医学では、胃を健やかに保つ薬やたまったガスの排出促進に用いられています。また中近東ではコーヒーにカルダモンを入れたカルダモンコーヒーが愛飲されるなど、利用範囲の広い植物です。
ノペンゾイン効能

口臭をなくし、予防する。
抗炎症、鎮静、鎮痛、消化促進、強壮、催淫、神経バランス回復
マイナス感情を抑え、やさしく寛容な気分にする。
食欲不振、膨満感、便秘などを改善する。
緊張や疲れを癒し、気持ちをおだやかにする。
マッサージとして利用

マッサージの精油としても利用されます。

カルダモン相性のいい精油
イランイラン、オレンジ・スイート、ジュニパーベリー、ゼラニウム、レモン、ローズ、ローズウッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

エレミのマッサージ